読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を作る方法と情報を集めます

不労所得を作る方法を実践的にお伝えしていきます。ビジネスの自動化とプロに任せる投資によって自由を手に入れよう。

ネットワークビジネスで成功者になり不労所得を得るのは可能か?

clock-77497_640

 

この記事をご欄頂いているということは、今現在ネットワークビジネスを実践している、もしくは、誰かからネットワークビジネスの話を聞いて、不労所得を本当に得れるのか?を調べているところでしょう。そんなあなたにネットワークビジネス経験者の僕が、このビジネスの実態や仕組みがどうなのか?ということをお伝えしていきたいと思います。

 

 

どこまでビジネスがうまくいけば不労所得になる?

 

ネットワークビジネスのことを知ったとき、大抵の場合、不労所得が手に入るということや大金持ちになれるという話を聞いて興味を持つ方が多いでしょう。商品の話に興味を持ってスタートする方はわりと少なく、ビジネス的な仕組みで儲かるのではないか?と考える方が多いでしょう。

 

僕の場合は「金持ち父さん貧乏父さん」という本でネットワークビジネスをすすめられていたということもあり、これは素晴らしいビジネスだと考えて興味を持ちました。

 

確かにネットワークビジネスの仕組み自体はとても素晴らしいと思います。日本では昔ねずみ講という詐欺事件があって、相当イメージが悪いのですが、海外ではそんなことはなく、一つのビジネスとして考えられています。

 

そして、ネットワークビジネスは仕組みだけを見ると、数十人紹介することで、あとはダウンラインの人が動いてくれるため、自分はあまり何もしなくて良いように感じます。これが、外から見たときのネットワークビジネスの魅力です。

 

実際にダウンメンバーがたくさん出来るといずれ不労所得になる可能性はあります。とまあ、ここまでの話を聞くととても魅力的に感じるのですが、実際はそんなに甘くはありません。

 

ダウンメンバーが出来ても、全然本気になってくれなかったり、アップリーダーに色々言われて疲れてしまったり、ひたすら友達や知り合いを誘おうと思っても全く興味を持ってくれなかったり、それをアップリーダーに相談したら、やる気がたりないだの熱意が無いから伝わらないなどよくわからないことを言われたり、というような結構厳しい現実が待っています。

 

そして、ある程度の組織になったとしても、お金を目的として繋がっている組織だとかなり脆く、何かをきっかけに何年もかけて作った組織が一気に崩れるということはネットワークビジネスではよく起こることです。

 

そういった困難を超えて、5000人、10000人と組織が拡大して、はじめて不労所得を得ることが出来るようになります。ですので、何年もかけて心が折れずにひたすら努力と才能がある人だけがこれを達成出来るのですが、ほとんどの人はすぐ辞めるか、何年も頑張ったけれども挫折して辞めていきます。

 

ですので、もし今ネットワークビジネスをすすめていて迷っていたり、これからはじめようとしている方は本当にその会社の商品が大好きで、何年も続ける覚悟があり、営業やトークに自信がある、ということでしたら挑戦し続けても良いと思います。

 

ただ、お金のためにこのビジネスを選ぶのであれば、他にもっと稼ぎやすいビジネスはたくさんありますので、一度ゆっくり考えてみるのも一つの方法です。

 

 

 

ネットビジネスとネットワークビジネスを同時に経験した結果は?

 

ネットワークビジネスはで成功するのはとても難しい。。。と経験した僕はそう思います。かなりの才能や営業力や折れない心が必要だと痛感しました。

 

実は、僕は会社を辞めたとき、ネットビジネスとネットワークビジネスを同時にスタートしました。そして、どちらかが軌道に乗って欲しいという気持ちがあり、本気で2つのビジネスに取り組みました。

 

どちらのビジネスもすぐに数十万円と稼げるようなものではなく、3ヶ月~半年かけて少しずつ稼ぐことが出来るようになっていきます。

 

そして、半年ほど経った結果はどうだったかというと、

 

ネットビジネスは半年で100万円の収益を超えました。

ネットワークビジネスは半年で数万円の利益になりましたが、その後続かず収益は下がっていきました。

 

とまあ、これが僕が経験した結果です。どちらも手は抜いていません。仕事を辞めてスタートしているので、絶対に食えるようにならなければなりませんでしたし、動ける限りはネットワークビジネスでどんどん動き、空いた時間を使ってネットビジネスをすすめていきました。

 

その結果がこれです。

 

いや、単にネットワークビジネスの才能が僕にはなかったのかもしれませんが、本気で取り組んでいましたので、それなりにダウンも増えていたし、全く成果がなかったわけではありません。

 

それでも、なかなか組織が伸びていかなかったり、少し伸びたと思ったらすぐ辞める人が出たりとまあ、こんなことが何度も繰り返されていて、かなり悩んで、アップラインの人に相談してもとにかく方法論よりも根性論ばかり話されていたので、いいかげんアホらしくなってネットビジネスに集中するようになりました。

 

というのが僕の経験談です。僕が活動していたグループがあまりよくなかったのかもしれませんが、大抵は同じような組織が多いと思います。そして、一度だけでなく、その後も、一部の経営者の付き合いでいくつかネットワークビジネスに登録したことがあるのですが、どこのネットワークビジネス不労所得までの道のりははてしなく遠いと感じました。

 

それぐらいネットワークビジネスで成功するというのは難しいというのが個人的な意見です。

 

 

 

 

 

ネットワークビジネスが向いている人はどんな人?

 

 

僕はネットワークビジネスではうまくいかなかったのですが、ほんの一握りの方はネットワークビジネスで大成功しています。

 

実際、僕の知り合いにも一部そういった人はいますが、共通の特徴があると考えています。これは勝手な僕の判断になるのですが、

 

・ひたすら前向きで人から否定されたり、文句を言われてもめげない人

 

・どんな困難があっても一度決めたら何年でも続けれる人

 

・報酬が高いなら飛び込み営業とかを何年も出来そうな人

 

・その会社の商品がめちゃくちゃ好きで、おせっかいのように人にどんどんすすめることが出来る人

 

このあたりがネットワークビジネスで成功している人達の共通点として、考えています。もし、あなたが、ここに当てはまる方ならネットワークビジネスは向いているかもしれません。

 

逆に当てはまらない方はあまりおすすめしません。もっとあなたにあった稼ぎやすいビジネスや不労所得はたくさんあります。

 

ここまで色々書いていますが、僕は、ネットワークビジネスを否定するつもりは全くありません。一つのビジネスの方法ですし、実際にネットワークビジネスを経験して経営面から見ても大切な要素を学べたことはたくさんあります。なので、経験としては良いと思いますが、お金に直結することを望んでこのビジネスに取り組むにはそれなりに覚悟を持ってすすめたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

ネットワークビジネスで成功した後も意外に不労所得では無い

 

不労所得を求めてこのビジネスをスタートする方が多いと思いますが、このビジネスは成功しても、実は、意外に不労所得にはなりにくいです。めちゃくちゃうまくいってもダウンメンバーの教育やフォロー、リーダーをたくさん抱える立場になってもリーダーのフォローが必要ですので、不労所得とは程遠いのです。

 

そして、組織が崩れてしまうとまた、最初からやり直す必要があり、ある意味究極の労働収入です。

 

数万人の組織を持ってはじめて不労所得となっていくビジネスですので、もしあなたがネットワークビジネス不労所得という言葉に憧れをいただいてすすめようとしている、もしくは、今すすめているのであれば、数万人の組織を作る気持ちではじめないと途中で辞めてしまいます。

 

今、実践してる人はアップラインのリーダーを見れば分かります。セミナーなどで、不労所得という言葉を使っていると思いますが、実際にはそのセミナーをしている本人が不労所得を得ていないケースがほとんどです。また、アップラインのさらに上を見ても同じような結果でしょう。

 

本当に不労所得というレベルまで行っている人は、ネットワークビジネスの会社が主催する数千人単位で集まる大きなイベントで公演している人ぐらいです。

 

僕は、ネットワークビジネスでダウンラインを数万人抱える方や代理店のディストリビューターのトップの人も知っていますが、もちろん大きな収入は得ていますが、不労所得どころか、さらに組織を伸ばすために動いています。

 

ですので、ネットワークビジネスが好きでやってみたい、続けていきたいと思う方は挑戦すると良いと思いますが、不労所得というのを目的としてこのビジネスをすすめるのはあまり効率が良いとは言えないでしょう。

 

 

もし、今ネットワークビジネスをやってみたい、現在やっていて迷われている方は僕の小さな経験ですが、この記事を参考にしてゆっくり考えてみてください。

 

不労所得を得たいと考えているのでしたら、このブログの他の記事をご覧いただkれば現実的に不労所得を得やすい方法をたくさん記載していますので、是非参考にしてみてください。