読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を作る方法と情報を集めます

不労所得を作る方法を実践的にお伝えしていきます。ビジネスの自動化とプロに任せる投資によって自由を手に入れよう。

会社を辞めたいと思ったら、ビジネスを立ち上げてから転職を考えよう

f:id:yuki-shimizu:20170211133110j:plain

会社を辞めたいと思ったとき、転職活動より先にやるべきこと

 

「会社を辞めたい!」

 

以前サラリーマンだったときに1年目に思ったことです。

 

今は独立して自分で稼ぐことが出来ていますが、以前は新入社員1年目に会社を辞めたいと思うぐらい駄目駄目な男でした。

 

 

それだけでなく、地元を一人離れ、友達もいない中、残業続きの毎日で、何をやりたいかが分からなくなり鬱になってしまいました。

 

将来の夢や希望もなく、この忙しい毎日があと数十年続くのか・・・

そう思っただけでお先真っ暗な気持ちになっていました。

 

それでも食べていかなければならなかったので、そこから何とか3年は続けたのですが、会社の先を見ると先輩もそんなに稼いでいなかったし、

同じような結果になるのが嫌で結局、会社を辞める決意をしました。

 

そして、そのとき思っていたことが、

 

「そうだ!独立して起業だ!」

 

なんてしがない営業しかしたことがない自分が考えられるわけもなく、ただぼんやりと、

 

「30代で年収1000万円は欲しいな。」

「楽で1000万円稼げる仕事はないかな。」

 

なんてことを考えていました。

そして、思いついたことがこれです!

 

「起業なんて立ち上げる勇気のない駄目な自分でも、副業と本業2つ仕事をすれば年収1000万円はいくのではないか?」

 

ということでした。ただ、会社員の仕事が激務で、帰りも午前様でしたので、副業を立ち上げるにしても一旦会社を辞めるしかありませんでした。

そして、その貯金は200万円程度でした。副業を立ち上げると言っても、生活はしなければなりません。

 

都内で生活するには月30万円程度必要なので、貯金が200万円だった僕は、約半年の間に立ち上げるという勝負をすることになりました。一旦会社を辞めて半年で副業を立ち上げ、10-20万円程度稼げたら再就職しよう。稼げなくても再就職しよう。

 

そんなことを考えて会社を辞めました。そして、色々模索した結果、ネットビジネスに出会い、頑張った結果、その半年後の収入は月100万円を超えてしまいました。

今思うとあのときすぐに転職活動をしなくて良かったと思います。会社を辞めて追い込まれたことによって、その後、3ヶ月ほどしっかり作業をしたことによって少しずつ稼げるようになりました。

 

最初に取り組んだのはアフィリエイトです。

 

1ヶ月目の報酬は1万円

(まだ貯金はある。大丈夫^^;)

 

2ヶ月目の報酬は6万円

(おお、2ヶ月目の成果としてはなかなか^^でも貯金が減っていく・・・)

 

3ヶ月目の報酬は20万円

(おおお、これでとりあえず食わなければ生きていける)

 

4ヶ月目の報酬は22万円

(あれ、あんまり増えてない、そろそろやばい。。。)

 

5ヶ月目の報酬30万円

(おっしゃー、これを保てばとりあえず生活出来る!)

 

6ヶ月目の報酬106万円

(なにこれ、ネットビジネスやばい!)

 

とネットビジネスに出会ったおかげで、人生で稼いだことが無いボーナス以上の報酬を半年で突破しました。そして、そこからは、こうなったらいけるところまで行ってみようと考え、そのまま個人事業主となり、時が経ち会社を作るに至っております。稼ぐ系のブログを作っている人達を見ると、よく100万円を稼ぐなどと意気込みがありますが、そんな気合いは最初からなかったですね笑

 

僕の場合、副業で10-20万円ぐらい稼げたら、早めに帰れる仕事を選び、再就職しよう。という考えから月収1000万円以上稼げるところまで来ました。

実は、会社を辞めた時点では、ブログを作ることも、記事を書いたこともありませんんでした。それでも稼げたのですから、今、会社を辞めたいと考えている人は、一つの道として、ぜひ転職活動をする前に、副業を立ち上げていくことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

会社を辞めてキャリアを活かす仕事を選ぶべきか?

 

会社を辞めたいと思い、転職を考えた時、思い浮かぶのが

 

今の自分のスキルを活かせる仕事は何か?

今より楽で時間が取れる仕事はないか?

 

など条件を考えると思いいます。そのとき考えておいたほうが良いことが、将来を考えて何のために仕事をするのか?ということです。仕事を辞めたいと考えない限りなかなか根本的なことを考える機会はありません。

 

ですので、

 

お金のために仕事をするのか?

キャリアを積んで業界で上り詰めたいのか?

大手に入り大きな仕事に関わりたいのか?

好きな仕事をしたいのか?

 

どの道を選んでも、得るものと失うものはありますし、真剣に考える良い機会になります。

 

例えば、僕の場合は会社員だったとき、やりたい仕事というのが明確になかったため、仕事はあくまで手段であると考えていました。ですので、まずはお金のために副業を立ち上げ、落ち着いたら時間のとれる仕事に転職しようと考えていました。その後、独立をしていくなかで、少しずつやってみたい事業や、興味のある分野での仕事が増えていった形です。

 

僕の場合、こういった形でやりたい仕事が見つかっていった形ですが、新しい仕事を選ぶとき、人それぞれ理由があると思いますので、惰性で新しい仕事を選ぶことだけは後悔する可能性が高いので避けたほうが良いかと思います。

 

もし、会社を辞めたいと考えた時、やりたいことがなかなか見つからないという人は、本当にやりたいことが見つかったときのためにも副業や投資でしっかり資産を増やすことにチャレンジしてみてください。