読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を作る方法と情報を集めます

不労所得を作る方法を実践的にお伝えしていきます。ビジネスの自動化とプロに任せる投資によって自由を手に入れよう。

FXで勝てないと感じたときに振り返るべき5つのポイントとは?

PAK12_10naname-thumb-815xauto-15610

 

FXで勝てる方法を見つけた!と張り切ってコツコツと利益を重ねていたのに、最終的には大きな損切りにあって負けてしまう。

いろんな手法を試して、聖杯探しをしていいかげん負けることに疲れてしまった。

 

そんな方に是非読んで欲しい記事です。もちろん新しい手法などを探したりすることは大事なのかもしれません。でも、その前に以下のポイントを見直してみてください。同じ手法でもかなりトレードは変わると思います。

 

 

最初に損切りしようと思っていた場所からストップをずらしていないですか?

 

これは初心者のときによくあることですが、チャンスだと思ってエントリーを行い、その後ストップ・ロスを設定します。そして、相場が思っていた方向にすすむと思っていたのにいつの間にか自分の意志とは反対の方向にすすみ、ストップ・ロスに引っかかりそうな状況。

 

 

こんなときやってしまいがちなのが、ストップをずらしてしまうということです。エントリー時にここまで来たら損切りしようと考えてベストな設定をしたのに、いざ損を確定されると思ったら計画なしにストップをずらしてしまう。

 

これを繰り返せば、ポジションを切るべきとこで切れず、想定していたより、損失が大きくなりやすいです。同時に取るべき利益を取ったとしても、負けが大きくなっているため、勝てないという状況に陥ります。

 

 

ですので、見直すポイントとしては、ストップをずらさず負けは負けと認めていくことです。FXではチャンスは何度も訪れますから次のチャンスが来るまで一旦負けを認めて次に活かしましょう。

 

 

 

もし損切りにあったら資金の何%がなくなるか計算していますか?

 

FXでエントリー後、損切りにあったとき、思ったより資金が減っていたということがある場合、それは負けたときのことを想定していないということです。

 

 

FXは勝ちと負けがある世界ですから、エントリーする前に自分がストップをおいたところで損切りにあった場合、いくらのお金がなくなるかを事前に計算しておきましょう。

 

この計算はドル円だとわかりやすいですが、ユーロドル、ポンドルになってくると変換があるためわかりにくくなります。

 

ですので、面倒ではありますが、毎回エントリー時に以下のようなツールを使って計算してからエントリーを心がけてください。

 

利益計算シュミレーター

 

FX損失・利益計算

 

こういったツールを使って毎回リスクを計算し、限定していけば想定外の損失は発生しなくなります。

 

そのため、損切りにあったときにこんなはずじゃなかったということを避けることが出来ますので、是非使ってみてください。

 

 

 

勝率とリスク、利益のバランスは考えていますか?

 

トレードしていると勝率ばかりに目が行きがちですが、実は勝率だけで考えてもあまり意味はありません。

 

勝率が90%以上でもリスク:リワードのバランスが悪ければ負けてしまいますし、勝率が50%でもリスクリワードのバランスががリスク1:リワード1以上であれば利益が出る計算になります。

 

何故FXで勝てないのか?を分析するときはこの勝率とリスクリワードのバランスを考えてみてください。

 

1トレードのリスクが小さければ勝率が悪くても1度のチャンスで大きく利益がとれます。FXでは損小利大という考え方がありますが、損小利大のロジックであれば、勝率が悪くても勝てるのです。

 

 

逆に1トレードのリスクが大きく小さな利益を回数を重ねていくトレードスタイルの場合は、勝率がとても重要になります。この場合、勝率が低ければコツコツドカンと言われるFXで大きく損失が出やすい形のトレードになります。

 

ただ、このコツコツドカンというのは悪く言われる言葉ですが、勝率が良いときに限ってはそんなことはありません。リスクリワードがリスク2リワード1だったとしても勝率が高ければ資産は増えていきます。

 

つまり、何が大事なのかと言うと、あなたが今使っている手法がどのタイプなのか?ということです。勝率が高いならリスクリワードは1:1以上あれば十分ですし、勝率が悪いのであれば、チャンスを掴んだときに利益を伸ばさなければなりません。

 

 

FXで勝てないと感じている方はここも一つの見直しポイントになります。

 

 

今使っている手法はどの相場に強いか考えていますか?

 

FXトレードを行う場合、今使っている手法がどの相場に強いかを考えなければなりません。

 

例えば、相場は下降相場、レンジ、上昇相場で成り立っていますが、トレンドフォロー型の手法であれば、上昇相場、下降相場に強いですが、レンジに弱くなります。

 

逆張り型の手法であれば、レンジに強く、上昇相場、下降相場で弱くなります。

 

そして、今出回っている多くの手法はトレンドフォロー型が多いと思いますので、トレンドフォロー型でトレードする限り、レンジを避けていくべきです。

 

これがどういうことがわかりますでしょうか?相場はレンジが7割と言われています。ですので、トレンドフォロー型でトレードするのであれば、逆張りよりもチャンスが少なくなる可能性があるため、エントリーポイントをより見極めなければならないという考え方になります。(もちろん時間足によってもチャンスの数などは変わります。)

 

上昇下降、レンジなどを見極めるのは、難しいですが、それでもこの概念を知っているだけでトレードの仕方は少し変わっていくでしょう。

 

このあたりも同時に見直してくださいね。

 

 

 

熱くなってわけの分からないところでエントリーしていないですか?

 

FXはゼロサム・ゲームなのでギャンブルと性質は似ています。これは、ギャンブル攻略を考えるときも同じなのですが、人は熱くなったときに冷静な判断が出来なくなり、いつもより大きなレートで取引してしまいます。

 

FXでは負けがこむと一気に取り戻そうという考えが働いてしまい、資金を取り戻すどころか大損になってしまうということがあります。

 

もし、あなたの資金に上限がないならばレートを上げていっても問題ありません。それは、マーチンゲールと言って負けたら掛け金を倍々にしていく手法で証明されています。でも、そんなに資金が有り余っている人は絶対にいないですよね。

 

資金に上限がある限り、ある一定のラインでちゃんとストップしなければならないのです。しかしながら、熱くなっているときは冷静な判断が出来ず、3回トレードしたら終わりと決めていても、気づいたら10回ぐらいトレードしていて負けが大きくなっていた、なんてことになります。

 

これは人間である限り感情があるため、仕方ないと言えば仕方ないことです。

ですので、見直して欲しいところとしては、毎日勝って終わろうとしない意識を持つことです。

 

負けた日や調子が悪い日は負けを素直に認めて、出来るだけ早めに辞めるという意識を持ちましょう。そして、冷静になって次の日に備えましょう。

 

勝っているときもよほどのチャンスがないならば、イケイケにならず勝ちを確保しましょう。FXはコツコツ取るという考え方が大切になりますので、相場から退場しないように出来る限り冷静にトレードし、熱くなったら次の日に仕切り直す。

 

というような考え方ですすめてみてください。

 

 

まとめ

 

ここまでご覧いただきいかがでしたでしょうか?

今、現在FXで負けている方は新しい手法を探しまくる前に一度こういったポイントを見直してみてください。

 

FXではとても大切なところを記載しましたので、実際に振り返ってチェックしてみるとかなり気付きがあると思います。