読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を作る方法と情報を集めます

不労所得を作る方法を実践的にお伝えしていきます。ビジネスの自動化とプロに任せる投資によって自由を手に入れよう。

FXの見えざるリスクとは?

FX基礎知識 FX実践

f:id:yuki-shimizu:20170212160321j:plain

FXはうまくいけば自分が所有している資金以上の利益を得ることができますが、その分様々なリスクも存在します。

具体的にどんなリスクが潜んでいるかをお伝えいたします。

 

為替変動のリスク

 

通貨を取引する際、自分が所持している通貨の相場が買ったときより高くなった時に売ることで利益を得るのがFXの基本的な仕組みです。

 

もちろん、その逆に相場が下がった時には損失が発生するリスクも含んでいます。

 

また、為替相場は変動の要因が様々であり、相場が上がるか下がるのか?を判断するのは非常に難しく、ここがFXの大きなリスクとなっております。

 

レバレッジによるリスク

 

FXは少ない証拠金で多額の取引ができるレバレッジという仕組みがあります。

 

一見すると、現実にないお金を使って大きな資金を得ることができる魅 力的な投資手法であるように見えますが、その分損失も大きくなるリスクを知っておいてください。

 

レバレッジをかけるとは、例えば証拠金が10万円しかない場合に、レバレッジ100倍だとし、1000 円分の証拠金がある状態にできるという仕組みです。

 

よって、1000 万円分の証拠金があればその分、LOT 数(枚数)を増やすことができるのですが、LOT 数(枚数)を増やせばそれだけリスクも高くなります。

 

ですから、ロット数の扱いに関しては、慎重にすすめてください。

 

金利変動によるスワップポイントのリスク

 

スワップポイントとは2つの通貨の金利差のことを言います。このスワップポイントは、より金利の低い通貨を売って、より金利の高い通貨を買った時に受け取ることができます。

 

しかし、金利が変動して高金利だったはずの通貨の金利が安くなると、スワップポイントは少なくなったり、悪い時にはマイナスになってしまうこともあります。

 

マージンコール、ロスカットによるリスク

 

FXには、証拠金を上回る取引を行うことで発生する損失を防ぐために、FX会社ごとにマージンコールやロスカットという取り決めが存在します。

 

その時点の為替レートで決済した場合、どれくらいの損失が発生するか?という予測を含み損と言いますが、その含み損が証拠金の50%程度を超えると、投資家に直接注意勧告がきます。

 

これをマージンコールと呼びます。

 

これは投資家の損失をできる限り減らすよう取り決められているルールです。

 

また、マージンコールがきて状況が改善されず、あらかじめ設定された証拠金維持率(30%程度)を下回った時は、強制的に取引が決済されます。(強制ロスカット

 

これは、投資家が思ってもいないタイミングでも自動的に行われるので、結果的に大半の証拠金を失うことにつながります。

 

カントリーリスク

 

海外の通貨で取り引きを行うため、取引をする通貨の国の政情、財政状況により、通貨自体の信用度が下がったり、暴落の恐れがあったりします。これをカントリーリスクと呼びます。

 

流動性リスク

 

また、決済ができないリスクというのも存在します。マイナーな通貨の場合、主要な市場が祝日だったり、テロが起こったりすることで、決済したくてもできないことがあります。

 

これを流動性のリスクと呼びます。

 

また、マイナーな通貨の国の情勢はメディアでチェックがしづらいため、こういったリスクが起きるタイミングも掴めなかったりします。

 

操作ミスのリスク

 

多くの方は、パソコンを使って取引をしますが、その場合入力ミスなどで誤注文してしまったり、思わぬタイミングで取引を決済してしまうということも起こりえます。

 

“そんなこと私はしないよ”

 

と思われるかもしれませんが、人間である以上、ヒューマンエラーは必ず起こります。

 

私の知り合いでも、買いと売りを間違えて注文してしまい、口座資金をすべて溶かしてしまった方もいます。

 

 

その他、インターネットを利用するという特徴上、情報漏洩によるリスクにも注意する必要があります。

 

FXも投資である以上、様々なリスクが存在しますので、十分に注意しながら取引を進めていきましょう!