読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を作る方法と情報を集めます

不労所得を作る方法を実践的にお伝えしていきます。ビジネスの自動化とプロに任せる投資によって自由を手に入れよう。

株のメリット・デメリットは?

株実践 株式基礎知識

あなたはなぜ、株式に興味があるのでしょうか?どんな投資でも必ず、メリットとデメリットがあります。確認していきましょう。

 

株のメリットとは

 

株のメリットとしては、主に以下のようなものがあります。

 

・株価の売買益(キャピタルゲイン

・配当金(インカムゲイン

株主優待

 

この3つです。

 

 

まず、株主になれば、次のような権利があります。

 

・株価の売買益(キャピタルゲイン

 

値上がり・値下がりの利益ですね。買った株が、値上がりした所で売れば、利益が出ます。これを「キャピタルゲイン」と言います。

例:20万円の株が30万円に値上がりしたら、10万円の利益です。空売りしても同じことですね。下がった分だけ利益があります。

 

・配当金(インカムゲイン

 

企業に利益が出れば、株主に利益の中から配当金がもらえます。

例:トヨタ自動車の株を100株持っているとすると、年間の配当金としては1株につき200円・この銘柄は、100株単位なので、2000円配当金がもらえるなど。

 

株主優待

例:吉野家という株を決算月の権利確定日まで、100株持っていると、飲食券300円が10枚もらえるので、3000円分のお食事ができます。

 

他には、会社の経営に参加する権利や株主総会における議決権などがあります。

 

株のデメリットとは

 

メリットが、利益を得られる事であれば、デメリットは、お金を減らしてしまう事と言えるでしょう。

 

一般的に株式投資は預金と比べて高いリターンが望める分元本が保証されたものではないので、それなりのリスクも伴います。

 

そのため、情報を収集、調査、検討をした上で、最終的に自らの責任のもとで投資判断を行うものだとされています。

 

例え投資した結果が思惑どおりにならず損をしたとしてもその責任は他の誰にあるというものではなく、投資判断を最終的に行った投資者の責任になります。

 

買った株の価格(株価が)急激に下落してしまうこともありますよね。感覚的には、これが一番大きなリスクと考える人も多いでしょう。

 

しかしこれらのリスクはトレードの勉強して、チャートを読み取る訓練をし技術を身につけることで減らすことができます。

 

他には、企業が倒産するリスクもありますが本来ならば、自分が保有している株が、そんなに状態になる前に、気づきますので、それまでに対応はできていると思われます。

 

後は、ネット場合、自分で操作する為、入力ミスなどが意外に多いのです。例えば、売り買いを反対に注文をいれてしまったり、購入株数の桁数を間違ったりする事もあります。大切な資金ですので、慎重に操作しましょう。

 

 

こういったリスクは、勉強をすることで軽減することができます。

 

株は、一攫千金でも賭け事でもありません。きちんと使いこなせれば、あなたの資産を増やすことができるでしょう。

 

正しい技術を身に付けて、株式投資を行えば利益を出すのは難しくないのです。

 

銀行にお金を預けるくらいなら・・・

 

余談ですがあなたは、銀行にお金を貯金していると思います。その銀行預金について少し触れますね。

 

現在は銀行に預けても金利は、0.01〜0.02パーセント位です。100万円預けたとしてもほとんど利息が付かないのが現状なのです。

 

その上、万一、時間外にでも引き出ししたら・・・元本割れになってしまうこともありますね・・・(基本的には、銀行は元本保証されています)

 

日本は、自分のお金なのに、時間外手数料を取られてしまいます。海外では少ないことなんです。日本企業は、いかに手数料ビジネスなのか・・・思い知らされますね・・

 

元本のままでいいならば、銀行がいいです。でも知力があれば、株式投資の利益は銀行の定期預金以上になります。

 

また、上記で、株式投資株主優待や配当金のシステムによって利益を得ることも可能だと書きました。これを利回りで考えて、計算すると、銀行の定期預金よりずっといいんですね。

 

あなたの興味のある銘柄で、配当金や株主優待があれば、株を保有しているだけでもお得感があるかもしれませんね。

 

例えば、東京ディズニーランドは、「オリエンタルランド」という銘柄なのですが、この株主になると、年間ほぼいつでも利用できるパスポートが年2回送られてきます。(詳細は、企業のHPにて確認ください)

 

以上、株のメリット・デメリットでした。