読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を作る方法と情報を集めます

不労所得を作る方法を実践的にお伝えしていきます。ビジネスの自動化とプロに任せる投資によって自由を手に入れよう。

株のプロトレーダーでも負ける?

株実践 株式基礎知識

f:id:yuki-shimizu:20170212161112j:plain

さて、株の世界にはプロのトレーダーが存在しますが、そういったプロトレーダーでも負けることはあるのでしょうか?そして、プロのトレーダーは実際にどのようにして株取引を行っているのでしょうか?

 

私は長く金融の世界にいますので、一般の人では知ることができない、プロの株トレーダーの実情を知っていますし、実際に素晴らしい成績を収めているプロトレーダーの友人もいます。(過去の運用総額50億円を超えるトレーダーです。)

 

株のプロトレーダーでも負ける?

 

プロトレーダーと言っても、ピンキリですが、本物のプロトレーダーであれば相場の流れの中で、途中、負けるように見えることもありますが、トータルで見れば負け越すということはほとんどありません。

 

言葉で言うならば、「転んでもタダでは起きない!」です笑

 

負けているように見える理由は玉(ぎょく)の操作をしていくためですね。(一般的にヘッジと呼ばれています。)

 

うまくいくトレードとして一般的によく言われるのは「負けるときは小さく、勝つときは大きく」といったようにトレードしていくこと。勝つ時は大きいので、長い目で見ればプラスになるはずです。

 

そのひとつの手法が、素速い損切りです。プロは、思惑と違う方へ動いた時には、直ぐに、反対玉にヘッジ(または損切り)を入れます。

 

その後、勝つために、先程のヘッジを入れた分、動きが思惑通り確実になったと判断した時に、そのヘッジの倍以上に追加して流れを追い風にして利益を増やしていきます。その反対に動いてリスクヘッジした玉さえも、、武器(肥やし)にするのです。

 

この操作が上手にできる人は、勝てるのです。

 

プロトレーダーの勝率

 

本物のプロトレーダーであれば、勝率は最低でも9割以上でしょうか。その弟子でも7~8割以上の勝率です。

 

これは、一般的な証券会社で雇われているプロトレーダーを軽く超えています^^ 通常は良くて・・5割だそうです。

 

それだと・・・勝てていることにはなりません。サイコロを振っても、5割ですから^^;

 

もしそれでもプロが万一負ける時があったとすれば、考えられる理由は「油断」だったり、「欲」が出たりしたのだと推測できます。

 

人間なので仕方ないですが・・・全ては、欲との闘いなのです!

 

 

ですが、決まったルールを決めひとつひとつをきちんと対応して処理していれば、事故以外は、問題ないと思っています。

※事故・・・突然起こってしまう出来事で、何の兆候もなく株の価格が急激に、急騰・急落すること。

 

 

プロでなくても勝てるのか?

 

安心してください。プロでなくても、負けないトレーダーになることはできます。

 

勝率7~8割でも資金管理をしっかりと行っていれば勝てるトレーダーになることができます。

 

そのためのノウハウや考え方、知識はお伝えしていきますし、株もしっかりとした方法論を学び、鍛錬を積むことで上手に取引できるようになっていきます。

 

今日お話ししたプロトレーダーの玉操作についてはほんのさわりの部分しかお話ししておらず、もっともっと深いお話しがあります。

 

ぜひ今後の記事を楽しみしていてくださいね^^