読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を作る方法と情報を集めます

不労所得を作る方法を実践的にお伝えしていきます。ビジネスの自動化とプロに任せる投資によって自由を手に入れよう。

株で含み損を抱えたときのマインドは?

含み損とは

 

含み損とは、自分の購入した株が取得した価格より値下がってしまった時の損失のことを言います。

 

一般投資家は、含み損を抱えるのはショックですし、“悪いこと”“トレードの失敗”という認識があったりするかもしれませんが、長期投資を実践しているのであれば、そこまで気にする必要はないかと思います。

 

なぜなら、含み損は、現在の結果であり、未来はどうなるかわからないからです。含み損が「損失」に確定するのは、含み損状態の株を売却した時です。つまり、今現在含み損を抱えていても株を売らなければ損失は確定しません。

 

最終的に、損失が出なければいいのです。最終的に勝てれば良いのです。相場というのは、上がったり下がったりを繰り返しています。そういった意味で、悲観的になることはありません。

 

「そのうちに含み損に慣れてくる。」という投資家も少なくありません。現物で保有していて資金に余裕があれば、また、戻ってきますので、気長に待つことも大切です。

 

含み損をずっと持ち続けたくない人は

 

ただし、精神衛生上、含み損をずっと持ち続けたくない方もいるかと思います。

 

そういった方は、『潔く、損切りを行う』というマインドを持っても良いでしょう。

 

この含み損に対する考え方は、人それぞれですので、含み損を抱えてから慌てる前に、予め、自分の投資スタイルを決めておくと、楽です。

 

あなたの性格や投資スタイルは、どうでしょうか?

 

行き当たりばったりで、エントリーするのではなく(したとしても)あーなったらこうするなどと作戦を決めておき自分で決めたとおりに淡々と処理しましょう。

 

注意したいことは、あまり感情を入れると、ぶれてしまうということです。残念ながら、マーケットは、自分の思い通りには、動きません^^;

 

だからこそ、決めた事に沿って(自分自身の教科書)売買していきましょう。右往左往したら負けます。

 

株は、長く持っていて基本いいことはあまりないと言われています。かと言って、両建てすればいいというものでもありません。

 

その両建ての処理方法を間違えば、結局そこでも損が出てしまいます。

 

安易にエントリーせず、事前にしっかり勉強をしてから、マーケットに入りましょう。

 

 

そして最終的には、含み損を抱えたとしても、「自分が決めた教科書通りなのだから、大丈夫!」という状態であればメンタルは保たれます。

 

 

自分を信じましょう!

Believe myself!

 

 

補足: 「ナンピンする」平均単価を下げられるという人もいますこれも資金があればひとつの方法でしょう。

 

 

重要ポイント(儲けるために)

 

よく耳にする「塩漬け」とは?値下がりした状態のまま、どうにもできず、ただ保有し続けている株のことです。

 

この時の人間の心理として、気持ちはこうです。

 

① もう少し待ったら、上がってくるかもしれない。

② せめて、買った値段まで、もう少し待ってから売りたい。

 

しかし・・・

 

そのもう少しは、あっという間に何ヶ月も何年も経ってしまいます。損を確定してしまうことは、つらいことですね。

 

ですが、このように損切ることができないままだと、他の株までも同じように塩漬けになる可能性が少なくなく、塩漬けを繰り返してしまい、最後には本当に大きな損失になってしまいます。

 

ここで厳しいことを書きますが、成功者の絶対条件は先述した通り、ダメだと判断したら、「潔く損切りする」ことなのです。

 

1回も負けないトレーダーはいません。プロのトレーダーも、勝てているトレーダーもみな損切りは必ず行っています。

 

あなたのために、知っておいてもらいたいのは「株は一度下がり始めるとどこまで下げるかわからない」ということです。。

 

ある程度は、かなり勉強して、チャートが読めれば、多少の想定はできますが、絶対はありません。

 

特にこれからの時代は、過去のデータで動いていたように、動かないケースも多々出てくる可能性もあります。

 

自分の資産を守るためには「いいと思った株は、思い切って買い、ダメだと判断した株は、損しても売る!!!」この気持ちの切り替えが、1番大切だと思ってくださいね。