読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を作る方法と情報を集めます

不労所得を作る方法を実践的にお伝えしていきます。ビジネスの自動化とプロに任せる投資によって自由を手に入れよう。

50万円の不労所得を作る方法はどんなステップを踏めば良い?

不労所得実現化 未分類

money-18554_640

今回は不労所得を作るステップについて記載していきたいと思います。

不労所得を長期に渡って作り、セミリタイアをしたいと考えたとき、一つの収入源のみだとなかなか安定することは難しいですよね。

 

ですので、安定させして毎月50万円を不労収入として手に入れたい場合、複数の収入源があるほうが長期に渡って利益を得ることが出来ます。この形をゴールとして、不労所得を作るまでのステップをお話ししていきたいと思います。

 

方法としてはたくさんあると思いますが、まず、一つの方法として、複数のスモールビジネスを立ち上げ、自分がいなくてもビジネスが成り立つ状態にすれば、当然、不労所得で50万円を達成することは十分可能です。

 

ただ、これは経営手腕がある人でしか難しいので、今回は一般的な人が人を雇わず、50万円を達成する方法を記載していきます。

 

 

 

50万円を働かずに毎月手に入れるためにはいくら必要?

 

50万円程度が毎月入ってくれば、場所を選ばなければ、多くの方がセミリタイア可能かと思います。ただ、毎月の不労所得を得るためには、それなりに資金が必要になりますよね。

 

では、毎月50万円を得るために必要な資金がいくらか?と言うと、

 

年利60%で1000万円

年利30%で2000万円

年利20%で3000万円

年利10%で6000万円

 

という計算になります。当然資金が大きく年利が小さいほど、安定した運用になりやすく、長期に渡って収益を得れる可能性も高まります。

 

ただ、貯蓄が3000万円、6000万円となると到底簡単に貯金出来るものではありません。一般的に考えて、これを作ることは現実としては遠く、時間がとてつもなくかかることとなります。ですので、ここでは最終的に貯蓄1000万円で50万円の不労所得を手に入れることを前提に考えていきます。

 

そもそも、1000万円を元本としても年利60%という計算になるので、それでも、とてつもなく利回りが高いですよね。はっきり言うと年利60%、つまり月利5%の良い投資先なんて見つかりませんし、見つかったとしてもほぼ詐欺の可能性が高くなります。

 

では、どうやって不労所得で年利60%を達成するか?と言うと、これをビジネスの外注化+投資を組み合わせることで達成可能となります。それどころか、ビジネスと組み合わせることによって1000万円がなくても、最終的に500万円程度を元本としても毎月50万円を得ることが可能になります。

 

そして、この二つを組み合わせることにより、複数の収入源を同時に持つことになりますので、収益が一部崩れたときも立て直しが可能となります。

 

では、一つずつ見ていきましょう。

 

ビジネスは投資よりも収益率が高いですが、何かトラブルや市場の大きな変化があったとき、収入も同時に変動する可能性が高いです。場合によっては、全く収益がなくなることもあります。ですので、ビジネスはメインの収益となりますが、収益が減ったときに立て直す時間や労力が必要になります。

 

 

次に、投資はビジネスよりも利回りは低くなりやすいですが、自分の時間を使わず収益が発生するため、ビジネスが崩れたときでも、投資からの収益があれば立て直す時間を作ることが出来ます。

 

バランスで言えば、ビジネスからの収益を70%程度、投資からの収益を30%程度にするのが最も早くバランスが良い形になるかと思います。

 

 

 

まずはネットビジネスで収益を確保し、収益が上がったら外注化を行う

 

大がかりな起業を立ち上げるのは難しいと思いますが、ネットビジネスならまず副業レベルでもスタート出来、順当にいけば本業を辞めることが出来るほどの収入を確保できますのでまずは、ここからスタートするのが良いです。

 

ネットビジネスと言っても、いろいろありますが、いずれ不労所得にしていくことを前提とした場合、ブログアフィリエイト、メルマガアフィリエイトをメインに作っていくと不労所得を作ることが可能になります。

 

 

まず、ブログアフィリエイトですが、具体的な作り方などは別ページでお話しますが、簡単に言えば、商品が売れやすいジャンルやアクセスが集まりやすいジャンルのブログを作り日々記事を作成し、広告クリックや商品販売によって売上を上げていきます。

 

これは、最初の資金も3000円程度あれば始めることが出来ますし、収益が上がり継続していくことによってブログが資産となります。もちろん記事は更新していく必要がありますが、記事さえ更新していれば、ブログという資産から収益を生むことが可能になります。また、優秀な外注さんがいれば記事も自動で更新していくことが出来ますので、不労所得化を行うことが可能です。

 

次に、メルマガアフィリエイトですが、こちらはブログやHPで単純に読者を獲得し、メルマガを送る文章で読者にアプローチを行い、商品を販売していくという方法になります。

メルマガというのはステップメールと言って、一度作れば、設定したスケジュール通りに自動でメッセージを送る機能があり、読者を集める方法が確立できればあとは不労所得を得ることが可能になります。こちらもスタート資金は数千円で始めることが出来ます。

 

そして、ブログアフィリエイトはプル型、つまりお客様がブログに来てもらえるのを待ち、収益を上げていく形になり、メルマガアフィリエイトはプッシュ型、つまりお客様にこちらからどんどんアプローチを行い収益を上げる形になります。

 

どちらの方法を選んでも良いですが、しっかりと仕組みを作ることが出来れば、毎月数十万円~数百万円を収益として得ることが可能ですし、収益が上がってくれば、どんどん外注化していくことにより、不労所得を作ることが出来ます。

 

このように、ネットビジネスは、しっかり実践することで、資金を大きく使わずに50万円の収益を上げることが可能なのですが、これだけでは不労所得として、完璧ではありません。

 

こういったネットビジネスからの収入の難点としては、収益モデルを作るまでに、時間と労力がかかることと、作り上げた後も収益の変動やビジネス自体が崩れることもあることです。

 

例えば、グーグルのルール変更などによってアクセスが減ったり、読者を獲得できなくなると、一気に収益が落ちてしまうこととなり、収益が落ちたときは、収益を戻すために数ヶ月程度、仕組みを再構築する必要があります。

 

そこで、ビジネスから上がった収益をどんどん投資に回していき、投資や資産からの収益によって、複数の収入源を確保していく形になります。

 

収益を投資し、運用していくことで不労所得を複数作る

 

 

ネットビジネスで収益を上げることが出来るようになれば、次に、その資金をどんどん投資していくことで収益源を複数作ることが出来ます。

 

一つの方法として、自分のビジネスにどんどん投資していくという方法がありますが、このままですと収益源が一本となるのでビジネスが崩れたときの立て直しが大変になります。

 

ですので、金融や資源、資産から得ることが出来る収益も確保していきます。

 

安定した収益を得ようと思った場合、年利やリスクが低い投資先が良いのですが、資金が少ないとこれが難しいため、ある程度リスクを取っていく必要があります。

 

ただ、リスク商品ばかりですと変動が激しく、ギャンブル的になっていくため、リスク商品と安定的な商品をバランスよく複数に分散し、ポートフォリオを作っていきましょう。

 

例えば、リスクがあり利回りも高い投資としては、FXのコピートレードやAIR BNBの外注をなどを組み合わせていくことで年利30-40%程度を狙っていきます。

 

次に、リスクが中程度、利回りも中程度の投資としては、長期的に成長しそうな株の銘柄や、FXの金利スワップ、海外のランドバンキングなどを組み合わせていくと年利10-20%程度を狙っていくことが出来ます。

 

最後に、リスクが低く、利回りも低い投資としては、海外の安定運用型(昔の郵便貯金のような商品が海外にはある)の商品、信頼度の高いファンドラップ、成長が見込める国の債権、などを組み合わせていくと年利3-10%程度を狙います。

 

こういった投資先をバランスよく作ることで、比較的大きな資金がなくても、投資から不労所得を複数得ていくことが見込めます。

 

 

 

 

ネットビジネスと投資の組み合わせによりバランスの良い収益を確保する

 

 

ここまで実践出来れば、毎月50万円の不労所得は十分確保出来ている形になります。

ネットビジネスからの収益をメインに、良い投資先を見つけて増やしていき、複数の収入源を確保していくことで、簡単には崩れない収益モデルを作ることが出来ます。たとえ、一つの収益源が崩れたとしても他の収益源があるため、時間をかければ立て直しが可能になります。

 

しっかりした会社を作って、事業を行っていくことを考えないのであれば、このように一人で複数の収益源を確保していく形を作っていくと良いでしょう。

 

一人で収入をあげていくことを考えたとき、ビジネスだけの収益ですと、崩れたときが大変ですし、投資だけの収益ですと、一つの投資先がうまくいかなかったとき、原資を確保するのに時間がかかります。

 

ですので、不労所得を作るステップとしては、将来不労所得化出来るビジネスから着手し、収益を上げれるようになったら、外注化で収益の拡大と時間の確保を行い、さらに、金融や資産からのキャッシュフローを作っていくことでセミリタイア出来るぐらいのバランスの良い収益を確保していくことが出来ます。ここで記載した以外にも、借入が出来たり、大きな資本があるのでしたら、不動産や、電力関係(太陽光や風力など)、コンテナ投資などによって大きな不労所得を作っていく形もあります。

 

ここまで、不労所得を得るためのステップをお話していきましたが、本気で不労所得を得てセミリタイアしたいと考えている方は是非一つの参考にしてもらえればと思います。