読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を作る方法と情報を集めます

不労所得を作る方法を実践的にお伝えしていきます。ビジネスの自動化とプロに任せる投資によって自由を手に入れよう。

優良銘柄の探し方は?

株取引を行うのに迷うことが多い銘柄選び。ここではどのようにして取引に有利な優良銘柄を見つけていけばいいか?のヒントをお伝えしていきます。

 

優良銘柄の探し方

 

優良銘柄の探し方は、ファンダメンタルズなら、四季報や、IR情報などや、決算をみたり、世間で人気のでそうな銘柄を探すことが多いかと思います。

 

ただ、この探し方をすれば実際に稼げるかと言えば必ずしもそうとは限りません。

 

なぜなら会社の業績だったりニュースの内容がいいだけで、それだけでは絶対上がると言い切れないのがマーケットの常だからです。

 

上がることもあるし上がらないこともあります笑 そのようなファンダメンタルズだけで取引できるのは資金を沢山持っている人だけだと思います。

 

優良銘柄とは、私やこの記事をお読みいただいている方など個人投資家が稼げる銘柄なのではないでしょうか?

 

 

長期投資であれば、好みの銘柄でずっと保有しておけば、いつか上がるでしょう。配当や株主優待があれば、利回りも銀行に比べかなりいいのでそれだけでも、十分いいかと思います。

 

しかし今の時代に、多くの銘柄を中長期で保有しておくのはあまり賢明とは思えません。トレードを単なる趣味ではなく、稼ぐ手段として考えているのであれば、長く持つべきではないでしょう。

 

実際にどんな銘柄を選ぶべきか?

 

では実際にどんな銘柄を選ぶべきなのでしょうか?

 

私にとっての、優良銘柄とは、中短期で、利益が取れる銘柄を指しています。

 

探し方は、まず各銘柄の過去のチャートを見て分析し今、利益の出せやすい動きかどうかを調べます。(大袈裟に聞こえますが流れを読んでいくだけです)

 

そしてポイントを狙って、売買します。これだけです。

 

 

簡単ですね^^

 

 

一応、他にも気をつけていることもあります。

 

例えば、出来高が少なすぎないか?仕手ではないかとか?などです。

 

これも慣れれば、動きを見ているとなんとなくわかってくるものです。

 

 

できれば、最初の内は、東証1部が安全だと思います。

 

東証1部のように出来高が大きいと、よく世間で言われている仕手なども、手を出しにくいので、正常な動きをするものです。

 

現在、その銘柄が、人気があって上がっていても下がっていても、どちらでも大丈夫です。むしろ下がっている方が、早く利益になりやすいです!

 

そういった優良銘柄を探してみてはいかがでしょうか。 その先の真髄話は、有料ですよ笑

 

 

※補足 証券取引所とは?

 

証券取引所とは投資家やトレーダーが株などの金融商品を売買するための場所のことです。

 

といっても、実際に投資家がそこに集まって投資をするわけではなく、オンライン上で株取引を行う場所のようなものと考えてください。

 

ですので、証券取引所では日々多くの売買が行われています。

 

そして、日本には以下のような証券取引所があります。

 

東京証券取引所

・大阪取引所

名古屋証券取引所

札幌証券取引所

・福岡証券取引

 

この中でも東京証券取引所は最も売買が多く行われ、この東京証券取引所東証)をさらに細かく以下のように分けます。

 

東証1部 -東証2部 -マザーズ -JASDAQ スタンダード -JASDAQ グロース -TOKYO Pro market

 

よく「東証1部上場」といった企業のニュースを耳にしますが、この東京証券取引所東証1部に上場した企業、ということになります。

 

株式投資を始めた頃はこの中の東証1部、2部、マザーズ、JASDAQに上場している企業に投資することも多くなってくると思いますので認識しておくと良いでしょう。