読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を作る方法と情報を集めます

不労所得を作る方法を実践的にお伝えしていきます。ビジネスの自動化とプロに任せる投資によって自由を手に入れよう。

含み損を抱えたときのマインドは?

FX基礎知識 FX実践

f:id:yuki-shimizu:20170212160556j:plain

含み損を抱えた時の人の心理

 

含み損、つまり現在持っているポジションがマイナスの状態になっている時、人はどのような心理状態になるのでしょうか?

 

・恐怖

・不安

・思惑と外れて悔しい

・どうすればいいかわからない

・迷い

・焦り

・いらだち

・憎しみ

 

人によって様々な心理的変化が起きてくると思いますが、こういったマイナスの感情はトレードにあまり良い影響を及ぼしません。

 

また、人間というものは本能的に損失を抱えた時に、よりギャンブル性の高い選択を取ってしまうという危険な性質があります。

 

これは“プロスペクト理論”と呼ばれるものです。

 

この“プロスペクト理論”こそがトレード業界に多くの退場者を生み出している心理的要因の一つとも言えるでしょう。

 

では “プロスペクト理論”についてもう少し詳しく解説していきたいと思います。

 

プロスペクト理論とは

 

プロスペクト理論は、簡単に説明すると、人間は利益を確実に得ようとし、逆に損失はできる限り回避しようとする、という心理学の理論です。

 

こう書くと、「そんなの当たり前では・・・」と思われるもしれませんが、例えばあなたがこんな質問を受けたとしましょう。

 

Q.あなたは1と2、どちらの選択肢を選びますか?

1.100万円が確実に手に入る

2.1/2の確率で200万が手に入り、1/2の確率で0円

 

どうでしょうか?

 

この質問をした場合、ほとんどの人間は1を選択します。

 

ギャンブルをするよりは、確実な100万円を求めるのです。

 

では、今度はあなたが“200万円の借金を抱えている”として、もう1度質問に答えてみてください。

 

Q.あなたは1と2、どちらの選択肢を選びますか?

1.100万円が確実に手に入る

2.1/2の確率で200万が手に入り、1/2の確率で0円

 

いかがでしょうか?

 

2を選びたくなりませんか・・・?

 

 

どちらも場合も期待値は100万円ですが、2番目の状況の場合はほどんどの人間は2を選択します。

 

利益は確実性を求め、損失を目の前にするとその全てを回避しようとするのですね。

 

当たり前のことを選択しているようで、この行動は実は矛盾しているのです。人間は利益よりも損失に敏感に反応するわけです。

 

 

FXでも同じことが言えます。

 

微益をコツコツと積み重ね、損失が膨らんだ時は「いつか上がるだろう」と損失が利益に変わるを待ってしまい、結果的にさらに損失が膨らんでしまう。

 

といった失敗をする人は見事にこの理論通りになってしまっているわけです。

 

逆に利益が出た時は、必死にその利益を確保しようと、早め早めに利益を確定してしまう。

 

そして負ける時はプロスペクト理論により損失を膨らませてしまって1回のトレードで大きく負けてしまう。

 

これが「コツコツドカン」を生み出す構造です。

 

どうすればプロスペクト理論を回避できるか?

 

人間のこの心理は普遍的なものですのでメンタルを鍛えてもすぐに回避できるになる、といったものではありません。

 

損失を抱えれば、人は必ずプロスペクト理論で示されているような心理状態に陥ってしまいます。

 

では、どうすれば損失を抱えてしまった時に冷静な判断ができるようになるのでしょうか?

 

 

最も良い方法は

“予め損失を抱えてしまった時のことを考えておく”

ということです。

 

 

これは資金管理の部分にもつながってきますが、勝てるトレーダーというのはトレードを行う際に事前に

“上がったらこうする”

“下がったらこうする”

というシナリオを立て、トレードに臨んでいます。

 

トレードは丁半博打のようなギャンブルではなくしっかりと戦略を立てて取り組めば勝てるようになるものですから、トレードを仕事、事業と捉えて何が起こったとしても対応できるように予め予測とリスク対策を考えておくことが重要です。

 

事前に“ここまで含み損をかかえたらこうする”ということを決めておけば、実際に含み損を抱えた時も焦らず対処ができます。

 

含み損を抱えた時にパニックに陥る多くの人は事前にシナリオを立てておくことでパニックや感情で判断してより損失を膨らませてしまうといった失敗を回避できるはずです。

 

自分の考えた予測に固執してしまう“一貫性の法則”

 

競馬場にいる人たちを対象にしたあるカナダの心理学者の研究では人は自分が賭けた馬の勝つ可能性について、馬券を買う直前よりも、買った直後の方が勝率を高く見積もってしまうことがわかっています。

 

つまり、ひとたび自分が予測した未来に資金を張った時、人はその未来により固執しやすくなってしまうことです。

 

これにより、自分がポジションを持った時はその方向に進む算段を高く見積もってしまう可能性があるということが言えます。

 

ですので、ポジションを取った後は、普段の自分より冷静な判断ができなくなっている、と思っておいた方がいいでしょう。

 

ですから、事前にシナリオを立て、そのシナリオ通りにトレードを遂行していくことが非常に重要となってくるのです。

 

 

トレードを行うときは常に、その場その場で判断するのではなく、事前に戦略を立て、うまくいったら利益確定、思惑と外れたら素直に損切りし、次のチャンスを待つ、というスタイルを徹底していくべきと言えるでしょう。